ホーム > スポーツ障害外来

スポーツ障害外来

メディカルトレーナーが在籍する当院は、スポーツを愛する皆さまの味方です!

スポーツ障害外来

スポーツ障害とは、何らかの原因が改善されないまま長期的に同じスポーツを続けることで、身体の一定箇所に負担がかかり痛みが発生する障害のことです。体に疲れがなければそれほど痛みを感じることはありませんが、疲労などによるコンディションの低下で症状が生じます。
原因が改善されないまま長期化すると、椎間板ヘルニアや脊椎すべり症など背骨の症状につながる場合もあるため、気になる症状があればすぐに当院へお越しください。

当院が行うスポーツ障害の予防と治療

当院が行うスポーツ障害の予防と治療

スポーツ前に準備運動はしっかりと行うものの、アフターケアをしっかりとしないという方が非常に多くいらっしゃいます。スポーツ障害を予防するには、ウォーミングアップもクールダウンも重要です、どちらもしっかりと行うようにしましょう。
また成長期の場合、身体を酷使することがスポーツ障害に繋がります。競技や練習後、十分な休息を取りアイシングを行っても痛みが3日以上続く場合は、早めに当院へお越しください。超音波を使用した痛みの軽減措置や、テーピング・手技を施すほか、スポーツ障害にならないための指導も行っております。

主なスポーツ障害

膝内障
膝を曲げるとひっかかる・膝がガクッとするなどの症状があります。適切なテーピング法やサポーターの着用をおすすめしています。
肩部インピンジメント症候群
肩の骨との間にある「腱板」と言われる部分が挟み込まれて起きる障害です。投球・バレーボールのアタック・水泳のクロールなどを行う方に多く見られます。
脊椎分離症
背骨の一部の骨が骨折を起こし、本体から離れてしまう症状です。第5腰椎にみられることが多く、さらに前方へずれてしまうものは「分離すべり症」と呼ばれます。
競技から離れ、筋力が低下することで骨のずれが進行した場合は、手術も視野に入れる必要があるので注意が必要です。
オスグッド・シュラッター病
成長期である中学生や高校生によく見られる症状です。サッカーやバスケットボールなどのスポーツをするお子さまに多く、膝の脛骨が出っ張り痛みがあります。
シンスプリント
下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生する症状です。激しい痛みではなく、鈍痛が特徴であり、脛骨過労性骨膜炎ともいいます。
側弯症
当院では2人に1人のお子さんにこの症状が見られます。脊柱が側方へ曲がる病気で、正面から見た際に左右どちらかに曲がっており、ねじれも加わります。

当院で行っているテーピングと種類

KTテープ
“もう一枚筋肉を貼る”というコンセプトのもとキネシオテープ
よりもセルフケアしやすいように開発されたテープです。
合成樹脂でできているため耐久性・耐水性が高く、デザイン性
が高い点も人気の一つ。アスリートだけでなく、腱鞘炎などの
治療にも用いられます。

キネシオテープ
本来のフィーリングを改善するために、リハビリ的なアプローチから開発されたテープです。患者さまの筋肉の働きを補助する作用があり、かぶれにくく継続して張り続けることが可能となっています。

スポーツ障害外来の予約について

スポーツ障害外来は完全予約制です。

お電話またはWeb予約にてお申し込みください。

受付時間  9:00~12:00、15:00~19:30

今すぐご連絡ください!!

スポーツ障害外来の料金について

初 回   大人 6,500円(税抜)ジュニア 4,000円(税抜) ※カウンセリング料含む
2回目以降 大人 5,000円(税抜)ジュニア 3,000円(税抜)


好評につき初回限定キャンペーン実施中!
ホームページを見てご予約いただいた方毎月先着5名様
 
大人   6,500円(税抜)⇒ 2,980円(税込)
ジュニア 4,000円(税抜) 1,980円(税込) 


とさせていただきます。


アクセス


〒133-0052
東京都江戸川区東小岩3-6-12
キャンドル1F

【受付時間】
9:00~12:30
(土・日は12:00まで)
15:00~20:00
※13:00~15:00は往診及びお子様連れの方の予約のみ

【定休日】
土・日午後、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら